仲介手数料無料で大阪の全ての賃貸を|スマイリース

年中無休 10:00〜20:00 (完全予約制)TEL:06-6948-5729MAP
お問い合わせLINEでのお問い合わせ

HOME > スマイリースBLOG top > こんな人に向いている♪角部屋~長所と短所~

permalink»


こんな人に向いている♪角部屋~長所と短所~

2018年9月30日

角部屋に関心のあるあなたに、長所と短所をお伝えします。こんな人に向いている♪という角部屋のオススメポイント、中部屋との違いもご紹介いたします!

もくじ

• ★角部屋の長所は★

• ★角部屋の短所は★

• ★中部屋との違いを徹底紹介!★

• ★角部屋はこんな人に向いている♪★

角部屋の長所は

角部屋は、隣接する部屋が1つしかないことで、色んな長所があるのです。

角部屋の長所は、この5つです。

①自然採光が2面あって、日当たり抜群で明るい開放感

②換気しやすい窓の数が満たされている

③隣の部屋が一部屋だから日常の音が、中部屋ほど気にならない

④玄関先の人通りがない

⑤中部屋より居住面積が広い場合もある

それではここから、さらに分かりやすくお伝えしていきますね。

①自然採光が2面あって、日当たり抜群で明るい開放感

角部屋はその名の通り、1番角にあたる場所にあり、端の方にあるお部屋なので、隣のお部屋が1つだけで、お部屋の左右一方が外に面しています。

外に面しているほうに窓を設置してある場合がほとんどで、居間などの大窓と合わせて2つの面から日光が差し込むので、日中はお部屋が明るく、とても気持ち良いです。

②換気しやすい窓の数が満たされている

中部屋では居間などにある窓と換気扇を付けて換気するのに比べ、角部屋では2つの面に窓があるので、その2つの窓を開けて換気できるのです。風通しがよく、空気を清浄に保てて、清々しく過ごせます。

③隣の部屋が一部屋だから日常の音が気にならない

隣のお部屋が一部屋なので、中部屋より隣から聞こえる日常の音が気になりません。

④玄関先の人通りがない

玄関先は、路地や階段から1番遠くの、奥にあるので人通りは少なく静かです。人影や足音が気になったりもしません。

⑤中部屋より居住面積が広い場合もある

角部屋のほうが、中部屋よりも広く作られていることが多いです。

お部屋により部屋数が多かったり、収納スペースが広かったりする場合があります。

角部屋の短所は

次に、角部屋の短所をお伝えします。一般的に窓の数やお部屋の場所に問題が生じます。

角部屋の短所は、この5つになります。

①外気温などに左右されやすい

②窓の数だけ部屋に置く家具のレイアウトに悩む

③外からの防音性は低い

④賃貸価格が高め

⑤1階は防犯セキュリティが必要

さらに詳しくお伝えします。

①外気温などに左右されやすい

窓が多いということは、採光は良いけれど外気温度にも左右されます。夏は高温で冬は低温なので、生活する上で冷暖房の必要性が高くなります。冷暖房利用で、電気代があがってしまう可能性があります。

②窓の数だけ部屋に置く家具のレイアウトに悩む

角部屋では窓になっている面が多く、壁になっている面が中部屋に比べて少ないので、家具の配置に悩みます。

③外からの防音性は低い

また、窓が多いということは、外からの音が聞こえやすく、近くに大通りがある場合は、車の音等が聞こえてくるかもしれません。けれども閑静な住宅街にあるお部屋は、外からの音はほとんど気にならず、とても静かです。

④賃貸価格が高め

角部屋は、中部屋よりも家賃高めが多いです。場合もによっては1万円程高くなる場合があります。理由としては、中部屋よりも居住面積が広い、窓の数の施工費、中部屋よりも人気があるということで高めに設定されています。

⑤1階は防犯セキュリティが必要

角部屋は、空き巣などに侵入されやすい部屋でもあります。窓が多く入りやすい、人目につきにくい、外に面していて逃走しやすい等の理由から狙われやすいのです。この事を念頭に置いて、1階の角部屋に住む時には、防犯セキュリティを万全にする必要があります。

中部屋との違いを徹底紹介!

角部屋図式

 

 

 

 

角部屋は2種類の眺めが楽しめる♪

角部屋は異なった方角に窓が付いていることがあるため、2つのそれぞれの窓で違った眺めを楽しめますね。そして、角部屋は窓の数が多いことから開放感があり、気持ち良いです。

室内写真

 

角部屋は結露が多い⁉️

室内と室外の温度差が大きい時に結露が発生するので、角部屋は窓によく発生します。さらに、角部屋は窓が2面にあるので、窓の数だけ結露が発生します。

中部屋のほうが外気温に左右されない!

中部屋は外と接している面積が角部屋に比べて少ないので外気温度にさほど左右されません。

角部屋は外からの防音対策が必要⁉️

外と接している壁が多い角部屋は、外からの音が気になりやすいです。大通りに面している場合の角部屋は、騒音がひどい部屋もあります。けれど、通りから離れている角部屋は外からの音はほとんど気になりません。

中部屋のほうが家具のレイアウトに悩まない♪

大きな家具は壁面にレイアウトすることが多いのですが、角部屋で窓を塞がないように家具を配置することは困難です。中部屋には壁面が2つあるので、大きな家具を置きやすいです。角部屋に引っ越しが決まり、家具を買うならば、窓の下にレイアウトできる背の低い家具がおすすめですね。

角部屋はプライバシーが守られる♪

玄関の前の通路が真っ直ぐに伸びているタイプの賃貸住宅なら、角部屋はプライバシーを守りやすいです。中部屋の前は人の通りが多くありますが、角部屋は端にあるので、訪ねてくる友人知人を除いて、人が通りません。

角部屋を好む人が多く、賃貸価格が高い⁉️

中部屋に比べ一般的に、角部屋は賃貸価格が高めです。理由は、

① 中部屋より快適だ!!と人気が高いから

② 戸数が少なく価値があるから

③ 中部屋よりも居住面積があるから

④ 窓の数だけ施工費がかかるから

の4つです。

角部屋はこんな人に向いている♪

角部屋について色んな視点をもってお伝えしてきました。角部屋に住むのは以下のような人が向いていると言えますね。

・明るく開放感があるお部屋で生活したい人

・多少家賃が高めになっても大丈夫な人

・中部屋のように、隣接する部屋の双方向からの生活音を気にしたくない人

・玄関先などの人影や足音を気にせずに静かに過ごしたい人

以上、ぜひ角部屋に住むかどうかを決めるときの参考にしてみてくださいね。

 

permalink»


初めての一人暮らし!失敗しない賃貸物件選びのコツは?

初めて親元を離れて一人暮らしをする人は、楽しみな気持ちといささかの不安を感じながら物件選びをすることでしょう。多くの場合、進学や就職を機に一人暮らしを始める人が多いですが、初めて一人暮らしのための物件を選ぶ際にはいくつかのコツがあります。ここでは、初めての一人暮らしで選ぶ物件を見つける際に、後悔しないためのコツをご紹介します。

ポイント1 立地条件ばかりを見ないこと

賃貸物件を見るとき、学校や会社への通勤の便利さで選ぶ人は多いです。もちろん、駅までの距離などは大切ですが、立地条件ばかりに気をとられるのは良くありません。駅に近い物件の場合、繁華街などにも近いケースが多く、夜間に酔っぱらいの声がうるさいなど、実際に住んでみて気づくこともあります。

内見は昼間に行うため、夜間の状況がわかりにくいかもしれませんが、賃貸物件周辺の環境を見たり、駅から実際に歩いてみたりすることでおおよその検討がつくでしょう。

できれば、駅や学校、会社までの通り道にスーパーやコンビニ、病院などの公共機関がある場所が便利です。

1日のうちに複数の物件を見る必要があるなど、時間が限られている場合は、不動産屋さんに夜間の状況について積極的に質問することをおすすめします。

ポイント2 周辺環境に気を取られすぎないこと

ただし、あまりにも周辺環境に気をとられすぎて、立地条件が悪かったという失敗も避けたいところです。例えば、閑静な住宅地がウリの物件の場合、確かに夜は静かで休みやすいかもしれません。しかし、駅から遠すぎて通勤や通学に不便なら、後になって後悔してしまうこともあります。

通勤や通学は毎日のことになりますから、住みやすい場所を考える上で、立地条件も忘れてはならないポイントです。

ポイント3 理想の設備条件を明確にしておくこと

内見では、一度にたくさんのことを見ることとなるため、どうしても見落としがちなポイントがあります。特に、自分が「ステキ!」と思える設備があった場合、そこに気をとられて他の部分に目がいきにくくなるものです。

キッチンが広くて便利な反面、収納が小さくて洋服や布団などの置き場に困るなど、失敗を避けるためにはあらかじめ希望する設備条件を明確にしておくことが大切です。内見で見落としがちなのが、収納の広さ、キッチンの広さや使い勝手、洗濯置き場の位置、ユニットバスの使い勝手、防犯面、家具の搬入が可能かどうかです。

全てが理想通りの物件に出会うことは難しい場合もあるため、どこまでなら妥協できるかも決めておくと良いでしょう。そして、自分にとって何が一番大切なのかも決めておくとスムーズです。

ポイント4 家賃だけでなく経費も計算して考えること

初めて賃貸物件を選ぶ時には、家賃にばかり目がいくかもしれませんが、入居時には敷金、礼金、保証金、仲介手数料、初期費用がかかります。一人で物件を選ぶと、理想に近い物件を選ぼうとして少々高めのところを選んでしまいがちですが、予算や設備の妥協ポイントを明確にして選びましょう。

特に、学生の一人暮らしの場合は、家族が家賃を負担するケースが多いです。物件選びの際には、家族と一緒に内見をし、入居時に必要な金額についての説明を家族とともに受けることで、後になってキャンセルするなどの失敗を防ぐことができます。

社会人の場合は、家賃の目安は収入の3分の1程度までと言われています。初めからあまり高望みせずに、無理なく生活できる環境の物件を選ぶことをおすすめします。

賃貸物件の良いところは、比較的簡単に次の場所を探せるということです。初めて訪れる町なら、周辺の環境については住んでからしか分からない部分もあるため、一度住んでみてから次の物件をじっくり探すのも一つの方法です。

permalink»


Q
大阪の賃貸は仲介できる物件はどこも同じって本当ですか?
気になる物件があります。全物件どこの仲介店でもご紹介可能でしょうか?
A1
結論から言いますと大阪の市場の約8割~9割はどこでも取扱い可能です!
ただし残りの1割~2割の物件の中には【囲い込み】というものが存在します。
例えば「A物件はどこの業者でも紹介可能だが、B物件は特定の業者のみ可」
といった感じです。
囲い込み物件とは?
業者間の流通情報として他に出していないという物件で、
その業者でしか取扱い出来ない物件のことを言いますが、
ほとんどのケースがオーナー側に黙って囲い込みしていることがあります。
本来は、
専任媒介等でオーナー様から預かった物件はどこの業者でも紹介出来るように
周知してから他の業者でも客付けが出来るようにするのが一般的です。
<例外的にあるケース>
家主様が自主管理ではなく、仲介店、管理会社などに物件の管理を任せている場合、
家主様に代わって管理業務をしているので、当然そこには【報酬】が発生しています。
任された業者としては貴重な【売上】となりますので、
当然「管理はずっと当社に任せてください」となるわけです。
そこで、お客様に物件を紹介し、契約を取得する業者が、
管理を任された業者ではなく、他の仲介店(仮に「a」とします)ばっかりであれば、
「このa社さんはよくウチの物件を紹介して契約してくれるから、管理もこのa社さんに任せようかな」
と考える家主様もいらっしゃるわけです。
そうなると、所謂【管理外れ】となり、【売上】を失います。
任された業者としては立場が無くなり【格好が付かない】という事になるので、
これを避けるため、他の仲介店から物件の問い合わせがあった際「満室です」などと言って、
その仲介店に紹介出来ないようにするのです。
仲介店としては、管理会社から「満室」と言われてしまった以上は、
その通りお客様にも伝えるしかありません。
これが【囲い込み】というものです。
管理を任された業者さんは当然、問い合わせがあった事や「満室です」と嘘をついた事は家主様に内緒です。
勿論、こんな事をする業者さんばかりではありません。
以上の事から、市場に出ている全賃貸物件を紹介出来るお店は、
存在しないと思っていただいて良いですが、概ね網羅出来るということが言えます。
賃貸は売買と比べても比較的全物件紹介出来る可能性が高いですので、
気軽にご相談ください☆
http://smilease.jp/info/request_guide

 

permalink»


NAVERまとめに紹介されました!

【大阪賃貸】仲介手数料無料0円!でお部屋探しができる賃貸サイト集【2017年最新版】

 

【大阪】 賃貸仲介手数料無料の不動産サイト6選

 

口コミ頂いた方、有難うございます<(_ _)>

===================================

大阪府全域が対象!私は実際にスマイリースさんにお願いをして東京→大阪に引っ越しをしました。

条件の交渉も積極的にしてくれます!信頼できる会社です。
大阪府内なら地域の住みやすさなど、具体的な情報にも詳しい。
レスポンスが速く、物件で現地集合しての内覧など柔軟に対応してくれる。

はじめは仲介手数料無料の仕組みを知らずに怪しがる私にも、営業の方が丁寧に説明した上密に連絡をとってくれて、

最終的にスマイリースさんの仲介で物件を契約しました!

===================================

ご契約者様の口コミが広がるようさらに精進してまいります。

permalink»


【お部屋探しに欠かせない解約通知】

現在、賃貸物件にお住まいの方が新たに新居の賃貸物件を探すうえで、欠かせないのが、

現在の住居物件の解約通知です。

大阪に限っては市場の約8割~9割が「借主からの解約通知は1ヶ月前予告の月割計算とする」というように

契約書の解約通知に関する文言に記載があります。

ポイントは

現在の住居物件の賃料がいつまでかかるか!?

新居の賃貸物件がいつからかかるか!?

例えば、今日、2016年9月7日に良い物件(新居)が見つかったので申込して契約予定だったけれど、

現住居の解約通知を提出(申し入れ)すると10月31日(1ヶ月分)までの賃料がかかってしまうとなると、

新居での賃料日割発生日は10月1日からしか交渉出来ない場合に約1ヶ月分の賃料がかぶってしまうということです。

 

この問題、以外とお部屋を探している途中は気づかないため、

解約通知を出すときに過去の契約書を見たときに気づくのが多いです。

 

なので、もちろん月末に新居の申込をして翌月末に新居の賃料日割発生に交渉すれば問題ないのですが、

通常、交渉しても一般的には申込した日から遅くても約1ヶ月後には賃料発生するため、

少しでも早めに調べて二重家賃の損失を減らしましょう♪

 

※一部、解約時に日割計算出来る物件や、解約通知日から1ヶ月分の支払いで済む物件は特に問題ありません。

 

 

 

 

 

 

permalink»


Q
中学校区限定でお部屋を探していますが、物件が少なくて困っております。
不動産屋さんに紹介いただいた物件も校区外なので無理でした。。
いやぁ難しいですね。
子供が高校生なら問題なかったのですが。

まだどこの不動産屋にも物件探しにはいっておりません。
とりあえずまずネットや不動産さんからの紹介でと思いまして。
それはそれとして不動産屋回りしといたほうがよいのでしょうか?

A
もし営業マンを比べるなら回った方が良いかもしれません。
ただ、物件を探すために回る必要はございません。
特殊なエリアではございませんので、
スマイリースで十分にご紹介できるエリアとなっております。

探し方で正しいやり方は、
➀インターネットで掲載している業者に問い合わせする。
②空いている物件リストをまとめる
③ネット未公開物件を提示してもらうよう不動産屋さんに聞く
④ネット未公開物件のリストをまとめる
⑤行く不動産屋を決める

ここで注意が必要なのが「空いていない」のに空いてると言っておとり広告するケースが
以外に多いということです。

続きは次回の記事で!

permalink»


賃貸を探している方がスマイリースによくある質問を
下記まとめましたので、ご参考ください。

質問内容

信頼できる賃貸サイトが知りたいのですが?
場所は大阪市内で探しています。。

2か月前から賃貸の物件を探しているのですが、
検索サイトは、結局「これ良いな」と思ったのが空いていなくて、参考にならず困っています。
問い合わせをした物件のほぼ全てが、「まだ空室ですから急いで来てください」というような
メールや電話の返事をもらったのでお店に行ったものの、
「今さっき違う方に決まってしまったので。。。」
「これは〇〇条件付きの賃貸契約でして。。。」
「今から頑張って他のお部屋を探します」といった感じの対応でした。

交通費もかけたけど、もう見る気が失せて何もせず帰ってきました。
正直うんざり。

完全に信頼できるサイトってないものでしょうか??

回答

まず始めに、

賃貸サイトは仲介物件でも、貸す側には別の不動産会社が

ついている物件が多く、仲介する側の不動産会社は見たこともない古い物件を

ネットにそのまま更新せずに掲載している場合が殆どです。

完全に信頼できるサイトはあるのか?

ほぼ空室しか載っていないサイトは存在します!がしかし、、

一般ユーザは見る事ができないのが現在の賃貸業界です。

不動産屋さんが業務で使っているサイトのことです。

勿論有料で、不動産屋さんしか見れません。自社物件を自社で申込を取るのは

この業界では意外と難しいので、業務用のサイトに物件を
掲載して

他社にも仲介してもらうようにし空室対策するのです。

その業務用のサイトから良さそうな物件を選定して、

管理会社から承諾を得た物件だけをネットに掲載していきます。(一部無断もあり。。)

一般ユーザ向けサイトが全部が空室というのであれば、

業者用の有料サイトは存在しなくなります。

ではどうすれば良いのか?

一番良いのは、色んな不動産屋さんに、メールで家賃、場所、
引っ越し時期など

細かく希望条件を書いて送り、物件資料をメールで貰う事です。

メールは営業マンの真面目さが出ますし、一番新しい情報を送ってくれます。

ただ、物件は永久に空いている事はないので来店時には無くなってることも

可能性としてはゼロではない事を想定して下さい。

今はどこの不動産屋さんにいっても見ている元の情報が同じなので、

出てくる物件は同じです。一生懸命メールや資料を送ってくれる営業マンきっといます。

まずはその資料で良さそうな物件があれば相手を信用して

お店に行き物件紹介を任せてみては如何でしょうか。

スマイリースは?

地域密着不動産会社との提携で
空室情報の正確さ」&「仲介手数料最安値」&「信頼出来る入居

この3つをモットーに、日々お客様からのご指摘を課題に
頑張っています♪

permalink»


全国各地でお部屋探しのルールが若干違うので、
ここでは私の不動産会社での経験と関西(大阪)の一般的なケースについて紹介します。

お部屋を探し始める前に


まずお部屋を借りる時には、ほとんどのケースで不動産屋を介します。
その際に支払う「仲介手数料」というのがあります。

仲介手数料って何?


そしてその
仲介手数料を支払わなくても契約できる方法がある、
ということを知っておいてください!


またお金さえ払えば誰でも部屋を借りられるかというとそうではありません。

入居審査というものがあります。


審査の方法は不動産会社又は家主によってまちまちですが、
例えば高校生以下、無職の方は審査に落ちる可能性が高いでしょう。
(連帯保証人や保証会社等で、審査を通す方法もあります。)

次に自分が払える予算(家賃)と場所(地域)と間取(部屋の大きさ)を決めましょう。
月の収入の30%程度が理想といわれていますが、
最近では40~50%にもなっているようです!

最近のコメント

カテゴリー