仲介手数料無料で大阪の全ての賃貸を|スマイリース

年中無休 10:00〜20:00 (完全予約制)TEL:06-6948-5729MAP
お問い合わせLINEでのお問い合わせ

HOME > スマイリースBLOG top > こんな人に向いている♪角部屋~長所と短所~

permalink»


こんな人に向いている♪角部屋~長所と短所~

2018年9月30日

角部屋に関心のあるあなたに、長所と短所をお伝えします。こんな人に向いている♪という角部屋のオススメポイント、中部屋との違いもご紹介いたします!

もくじ

• ★角部屋の長所は★

• ★角部屋の短所は★

• ★中部屋との違いを徹底紹介!★

• ★角部屋はこんな人に向いている♪★

角部屋の長所は

角部屋は、隣接する部屋が1つしかないことで、色んな長所があるのです。

角部屋の長所は、この5つです。

①自然採光が2面あって、日当たり抜群で明るい開放感

②換気しやすい窓の数が満たされている

③隣の部屋が一部屋だから日常の音が、中部屋ほど気にならない

④玄関先の人通りがない

⑤中部屋より居住面積が広い場合もある

それではここから、さらに分かりやすくお伝えしていきますね。

①自然採光が2面あって、日当たり抜群で明るい開放感

角部屋はその名の通り、1番角にあたる場所にあり、端の方にあるお部屋なので、隣のお部屋が1つだけで、お部屋の左右一方が外に面しています。

外に面しているほうに窓を設置してある場合がほとんどで、居間などの大窓と合わせて2つの面から日光が差し込むので、日中はお部屋が明るく、とても気持ち良いです。

②換気しやすい窓の数が満たされている

中部屋では居間などにある窓と換気扇を付けて換気するのに比べ、角部屋では2つの面に窓があるので、その2つの窓を開けて換気できるのです。風通しがよく、空気を清浄に保てて、清々しく過ごせます。

③隣の部屋が一部屋だから日常の音が気にならない

隣のお部屋が一部屋なので、中部屋より隣から聞こえる日常の音が気になりません。

④玄関先の人通りがない

玄関先は、路地や階段から1番遠くの、奥にあるので人通りは少なく静かです。人影や足音が気になったりもしません。

⑤中部屋より居住面積が広い場合もある

角部屋のほうが、中部屋よりも広く作られていることが多いです。

お部屋により部屋数が多かったり、収納スペースが広かったりする場合があります。

角部屋の短所は

次に、角部屋の短所をお伝えします。一般的に窓の数やお部屋の場所に問題が生じます。

角部屋の短所は、この5つになります。

①外気温などに左右されやすい

②窓の数だけ部屋に置く家具のレイアウトに悩む

③外からの防音性は低い

④賃貸価格が高め

⑤1階は防犯セキュリティが必要

さらに詳しくお伝えします。

①外気温などに左右されやすい

窓が多いということは、採光は良いけれど外気温度にも左右されます。夏は高温で冬は低温なので、生活する上で冷暖房の必要性が高くなります。冷暖房利用で、電気代があがってしまう可能性があります。

②窓の数だけ部屋に置く家具のレイアウトに悩む

角部屋では窓になっている面が多く、壁になっている面が中部屋に比べて少ないので、家具の配置に悩みます。

③外からの防音性は低い

また、窓が多いということは、外からの音が聞こえやすく、近くに大通りがある場合は、車の音等が聞こえてくるかもしれません。けれども閑静な住宅街にあるお部屋は、外からの音はほとんど気にならず、とても静かです。

④賃貸価格が高め

角部屋は、中部屋よりも家賃高めが多いです。場合もによっては1万円程高くなる場合があります。理由としては、中部屋よりも居住面積が広い、窓の数の施工費、中部屋よりも人気があるということで高めに設定されています。

⑤1階は防犯セキュリティが必要

角部屋は、空き巣などに侵入されやすい部屋でもあります。窓が多く入りやすい、人目につきにくい、外に面していて逃走しやすい等の理由から狙われやすいのです。この事を念頭に置いて、1階の角部屋に住む時には、防犯セキュリティを万全にする必要があります。

中部屋との違いを徹底紹介!

角部屋図式

 

 

 

 

角部屋は2種類の眺めが楽しめる♪

角部屋は異なった方角に窓が付いていることがあるため、2つのそれぞれの窓で違った眺めを楽しめますね。そして、角部屋は窓の数が多いことから開放感があり、気持ち良いです。

室内写真

 

角部屋は結露が多い⁉️

室内と室外の温度差が大きい時に結露が発生するので、角部屋は窓によく発生します。さらに、角部屋は窓が2面にあるので、窓の数だけ結露が発生します。

中部屋のほうが外気温に左右されない!

中部屋は外と接している面積が角部屋に比べて少ないので外気温度にさほど左右されません。

角部屋は外からの防音対策が必要⁉️

外と接している壁が多い角部屋は、外からの音が気になりやすいです。大通りに面している場合の角部屋は、騒音がひどい部屋もあります。けれど、通りから離れている角部屋は外からの音はほとんど気になりません。

中部屋のほうが家具のレイアウトに悩まない♪

大きな家具は壁面にレイアウトすることが多いのですが、角部屋で窓を塞がないように家具を配置することは困難です。中部屋には壁面が2つあるので、大きな家具を置きやすいです。角部屋に引っ越しが決まり、家具を買うならば、窓の下にレイアウトできる背の低い家具がおすすめですね。

角部屋はプライバシーが守られる♪

玄関の前の通路が真っ直ぐに伸びているタイプの賃貸住宅なら、角部屋はプライバシーを守りやすいです。中部屋の前は人の通りが多くありますが、角部屋は端にあるので、訪ねてくる友人知人を除いて、人が通りません。

角部屋を好む人が多く、賃貸価格が高い⁉️

中部屋に比べ一般的に、角部屋は賃貸価格が高めです。理由は、

① 中部屋より快適だ!!と人気が高いから

② 戸数が少なく価値があるから

③ 中部屋よりも居住面積があるから

④ 窓の数だけ施工費がかかるから

の4つです。

角部屋はこんな人に向いている♪

角部屋について色んな視点をもってお伝えしてきました。角部屋に住むのは以下のような人が向いていると言えますね。

・明るく開放感があるお部屋で生活したい人

・多少家賃が高めになっても大丈夫な人

・中部屋のように、隣接する部屋の双方向からの生活音を気にしたくない人

・玄関先などの人影や足音を気にせずに静かに過ごしたい人

以上、ぜひ角部屋に住むかどうかを決めるときの参考にしてみてくださいね。

 

permalink»


本当は仲介手数料は有料であるべき!?

どうやって仲介手数料0円で経営しているのですか?

こんにちは

代表の岸本です!
久々の更新です(笑)

今日は以前セミナーでもお話しました、

私の理想(まだ見ぬ世界)をお話します。

私はこの業界を変えたいという想いで事業を立ち上げました。

その中で仲介手数料0円ビジネスを広げることが目的と思われがちですが、

けれど本当は、「現時点の賃貸業界は」仲介手数料0円であるべきとあえて前置きをして

借主がもっと平等である2つのことを目指しております。

「現時点の賃貸業界は」というのは現在のお部屋探しの仕組みは仲介業者次第でお客様がお部屋を選ぶという

この現時点の流通に対して曖昧な項目として手数料金額を支払う仕組みは過去の人たちが作り上げた仕組みです。

1つ目

上記は決して悪くない仕組みですし、宅地建物取引業者しか得られない情報を仲介業として

お客様に提供することは当社も同じです。

そして、その対価として仲介した手数料として仲介手数料がある訳です。

でも、家賃の1ヶ月や半額の手数料って、一体何をどれだけサポートしてもらったから支払うもの?

特に決まりもありませんし、不明確なものです。

では、逆に自分(お客様)が探した物件を仲介だけしてもらうなら契約手続きだけなので

仲介手数料は不要ですか?

※業界的には必要と判断されます。

つまり現時点で仲介手数料の定義づけが曖昧なので仲介手数料0円で良いのでは?

(仲介業者の売上はオーナー側から頂く報酬だけで成り立つのであれば仲介手数料0円で良いのでは?)

ただし、

その点が曖昧でなければ仲介手数料のメニューをお客様が選ぶことが出来ると思っております。

☆詳細は後日☆

2つ目

私が想うお部屋探し、は”相場を知った後ならもっとわがままに”「もっと自分主体で納得いくまで探す」

という考え方です。

もちろんプロに聞くアドバイスや情報として相場を知るのは当然ですし、

間にいる(仲介)人の紹介物件次第で選ぶ物件の幅が限られるというのは

この業界のあたりまえになっていますが、非常に煩わしいと感じるという声も聞きます。

ではなぜ煩わしいのですか?

インターネットの情報は曖昧(空いていない)

営業マン次第で情報と見積りが違う(曖昧)

etc

私の周りのお客様は

営業マンに気を使いながら営業トーク次第では確かにそうだと納得してしまい

最終的に十分に納得してお部屋を探せたという人が圧倒的に少ない。

この背景には

「自分主体で探して必要な時にアドバイスと情報をもらって自分自身がホントに納得して部屋を探したい」

という背景があるからではありませんか?

では

自分が探している条件で「本当に空いている物件情報を網羅して選択する」ことは可能でしょうか?

業界の仕組みでは仲介業者に頼らない限り現時点では不可能でしょう。。。

ただそれは現時点でのお話ですからね☆(笑)

☆詳細は次回☆

permalink»


引越しシーズン始まりました!

かなり忙しいです

permalink»


大阪は誇大広告、おとり広告が日本一多いとも言われております。
【広告の種類】

A、消し忘れ広告(更新忘れ)
B、おとり広告(過去の成約済み物件<意図的悪意がある>)
C、誇大広告(存在しない条件で掲載<意図的悪意がある>)

Aに関しては許せますが、B、Cに関しては反響(集客)

目的のため
お店に行ってから時間を無駄にしてしまうことがありますので要注意です。

”見極め方”
http://smilease.jp/wp/?cat=86
基本的に「おとり広告」(おとり物件、釣り物件)の場合は、
もちろん問い合わせても「空いてます。見に来てください」となります。
(そのための物件広告なので)

注意!

permalink»


Q質問


・入居は通常何日後? 最短何日で入居は可能でしょうか?

11月上旬には大阪に物件探しをして11月の22日頃に引越しをできたらと思っています。

A回答

一般的に、入居したい物件が見つかってから
約1ヶ月以内に家賃発生を求められるケースが多いです。
それ以降での入居(家賃発生)は交渉事項になります。

物件により異なりますが、
通常は入居審査が2、3日、貸主側が契約書作成、発行、

契約金の入金、契約書類(郵送のやり取)、必要書類の提出が不備なく完了すれば
鍵の手配が可能となりますので、
契約書類の郵送のロスを考えると13日前後でしょうか。

最短は契約(入居)は契約金を払えば鍵をくれる物件もございます。

◆契約の流れ
下記に簡単な契約の流れを記載致します。

①お部屋の確保(入居申込書と身分証要)(即日から2日)
(契約条件などの交渉関係)の提出

②入居審査(2から3日)

賃貸のお住いの場合は入居審査承認後に現在借りている物件の解約手続き

④契約金の支払い
(契約の必要書類の手配)

⑤契約書類の手続き(保証人様は実印にて押印)

⑥引越し関係の手続
(電気、ガス、水道など公共の手続きやインターネット、引越屋など)

⑦鍵のお渡し

詳しくはこちらもご参考ください。

http://www.chintai-kushitsu.com/other/multi31.html

permalink»


質問

敷金、礼金0円だとあまり良い物件ではありませんか?
たとえば礼金ゼロなどて初期費用が抑えられるのであれば、

家賃が上がってもよいです。
家賃が10万円となると、敷金礼金もあがる傾向にあるような気がするので、
難しいかもしれませんが。。

礼金を抑える=家賃上限10万円(共込)くらい
礼金がかかる=家賃上限9万円(共込)くらい

となると、どれくらいが特になるのでしょうか?

回答

まず、敷金、礼金0円物件だから悪い物件であるというのはありません。
というのも、そもそも敷金礼金0円ではない物件が多く、
礼金設定などがある物件をより入居促進で家主さんや管理会社が
キャンペーン等で行う形式がよくあります。

たとえば、法人契約の入居者が数多く住んでいたマンションに、
急に人事異動で15室のお部屋がいっきに空いたとします。
そうすると家主さんはかなり痛いです。。
そこで、初期費用の礼金収入を見込まずに、家賃収入のみを目的に考えた場合
初期費用0円等の方針になります。

ご質問の本題ですが、
例えば
①家賃85,000円 敷金0、礼金10万円

という物件があるとして、家賃1,000円あたりを上下することで、
賃料×24か月分というのが交渉幅になります。
※24か月=2年間

どういうことかと申しますと、

上記①の条件を礼金0円にしたい場合に通りやすい交渉は、
◆賃料2,000円アップするから礼金5万円ダウンしてほしい。
(2,000円×24か月=48,000円)
※家主さんとしての考えは2年以上住んで頂いたら礼金取得したことと同じ)
又は
◆賃料4,000円アップするから礼金0万円ダウンしてほしい。
(4,000円×24か月=96,000円)
※家主さんとしての考えは2年以上住んで頂いたら礼金取得したことと同じ)

つまり平均的には2年ということで交渉していきますが、
もちろん、賃料を上げずに交渉するというのもあります。

それには現在のマンションに関する家主さんの事情、空室状況、その他を
事前に調査することが非常に大切です。

家主さんへの賃料、初期費用交渉のコツは
「相手にメリットを与えて自分のメリットがあるか」を検討する。

permalink»


賃貸物件(マンション)を借りる時にかかる費用のひとつとして、『仲介手数料』がある。

日本全国地域に関わらず『仲介手数料』の認識はあるようですが、

実際に仲介手数料の意味がどういうものなのか?

また礼金などとの違いがはっきりとわからず困惑されている方も多いようです!

そこで、賃貸の基本中の基本である『仲介手数料』についてお話します。

仲介手数料ってなに?

仲介手数料とは、宅地建物取引業者の媒介により、

不動産会社がオーナー様(貸主)とお客様(借主)の仲介をし、

その契約成立の報酬として受け取る手数料。

仲介手数料って何?

原則的に、賃貸は双方(貸主・借主)から受け取る合計の額が1ヶ月を超えてはならないとされている。

しかし、双方合わせて1ヶ月の仲介手数料を受領する会社は一部で、

ほとんどの不動産会社がお客様(借主)から1ヶ月分受け取り、オーナー様(貸主)から別の名目で

報酬をいくらか受け取っているケースが多い。

最近では割引も増えて、個人契約限定で家賃の半額!や52.5%!というような広告もありますが・・・
 
それでも高い!

もう不動産屋さんに高額な仲介手数料等の費用を支払うのやめませんか?

だって不動産屋さんはオーナー様(貸主)からも手数料を貰っているんですよ・・・

だったらどんな物件でも借主が支払う手数料は無料にするべき!

だけどその方法が分からない・・・

だからスマイリースがあるんです!

最近のコメント

カテゴリー