仲介手数料無料で大阪の全ての賃貸を|スマイリース

年中無休 10:00〜20:00 (完全予約制)TEL:06-6948-5729MAP
お問い合わせLINEでのお問い合わせ

HOME > スマイリースBLOG top > なぜペット不可物件はこんなに多いのですか?

permalink»


質問

なぜペット不可物件はこんなに多いのですか?

回答

ペット好きな方は意外に多いのに、ペット可のお部屋はとても少ないですね。
実際にネットで検索するとペット可にチェックを入れた途端、検索結果が少なくなってしまいます。
では、なぜペット可のお部屋は少ないのでしょうか。

◆お部屋の汚れ
ペット=部屋が汚くなる 固定概念もあります。。。
これが最も大きな理由でしょうか。
大家さんとしては部屋を必要以上に汚されないかどうかが最も気がかりなことでしょう。

ハウスクリーニングをしてもとれないような臭いが部屋に染み付く場合もあり、
次の入居者確保に支障をきたしてしまう場合もあります。
このような危険を恐れてペットを不可としている場合があります。

◆近所を気にする
基本的にペット不可のマンションに住んでいる人はそこのマンションがペット不可
であると認識して住んでいます。
そして入居者の中にはそのペット不可という部分が魅力で
そこに住んでいる場合もあります。
たとえば、騒音に対して敏感な方であれば、近隣のペットの鳴き声がとても気になるますし、
動物の臭いに敏感な人であれば、廊下でペットとすれ違うだけで気にしてしまう方もいます。

◆トラブルの防止
ペットの鳴き声はかなり壁の厚いマンションでも隣室へ響いてしまうことが多いのが現状。
そんな場合隣室との間でトラブルとなってしまうことがあります。
大家さんとしては家賃滞納を最も嫌がりますが、その次と言っても過言ではないくらいに
嫌なのが近所トラブル。それくらい、近所トラブルは嫌がられます。

permalink»


質問

エ○ブルでとっても素晴らしい物件あったからわざわざ電話して出向いたら
「ちょうど決まってしまいまして!」と言われて、
他の不動産屋さんに強引に他の物件を進めらました・・・。
エ○ブルだけは行ってはいけませんよ。。と

不動産業界ってどんな風になっているんですか?

回答

エ○ブルでもミ○ミニでも、アパ○ンショップでもフランチャイズです。
つまり株式会社○○不動産がFCの看板を借りています。
力がある不動産屋はそんな看板あげずにしっかりとやっていますよ!と聞きますが、

エ○ブルだから大手、アパ○ンショップだから大手、それが大きな間違いになってしまいます。

実際には社員2人、3人などで細々とやっている不動産業者も多いです。

安心できる業者かどうかの判断基準は来店前にどれだけ「本当の事」を言ってくれるか・・・。

つまり、良い物件が「空いている」というのは集客(来店)目的がほとんど。

ではその「本当の事」を言ってくれているのかを見分けるには?

おとり広告

をご覧ください!

permalink»


鍵のローテーションって?

賃貸マンションで鍵のシリンダーを予備や空いている別室のものと取り替えることです。

つまり、交換した空きの別室に住んでいた住人がそのまま鍵を持っていたら、

あなたの部屋の鍵を開けてしまえるということです。

ただし、もちろんそのようなことが起こる確率はかなり低くなります。

入居時の鍵の交換については、シリンダーのローテーションか新品への交換かを

費用を含めてしっかりと確認しましょう。

一般的にシリンダーの新品への交換には、15750円前後ほどかかります。

※鍵の形状にもよります。

あまりに費用が安い場合、もしくは請求されない場合は、ローテーションの可能性があります。

ローテーションでは気持ち悪いという方はしっかり確認をしましょう。

大阪の治安

2013年3月4日

permalink»


質問

大阪の北エリアは治安がいい!?
南は治安が悪いと聞きますが、北と南はどこの地域を言っているのですか?
関東から大阪に単身赴任します。

友人に中百舌鳥駅は南だからやめておけと言われましたが・・・。

教えて下さい。

回答

北エリアは主に北摂地域(吹田市、豊中市、箕面市・・・)のことです

中百舌鳥は御堂筋線の始発であり終点駅であり、
南には南海高野線という駅もあります。
道路は中央環状線が走っていて駅周辺には堺東警察署があります。

ただ、大きな幹線道路(中央環状線)が走っていて夜はスピードを出して
走る車や長距離トラックが多く走っています。

中央環状線は東京で言いますと環八のような幹線道路です。
しかも、
金岡方面に行くと少年鑑別所と大阪刑務所が隣接して建っています。
早朝は暴力団幹部の放免祝いなどで黒塗りの高級車がズラリと並んで
停車している場合もあります。

治安はいたって普通です。

大阪市内と比べたらスーパーが少ない。
公園が多い、大泉緑地・白鷺公園・大仙公園・金岡公園に古墳も多い。

permalink»


気に入った靴が決まらず、

あれこれと迷ってしまうように、不動産も、どれがいいのか迷うことの方が多いですよね。

しかも、靴よりも規模、金額が大きいですから、なおさらそうです。

そんなとき、他の店舗ではどのような物件があるのかが気になり、

たくさんの不動産屋を見ておいたほうがよいのか?と思うかもし
れませんが、

出来ればこれと思った一店舗だけで、

条件に見合うような物件を探す方がいいです!

営業マンを無視して、物件はどれでもほぼ取扱い可能だからです。

それでも複数の店舗を見たい場合、

まずどんな条件で物件を探しているのか、

どこに住みたいのか、という自分の希望を具体的に提示し、

それに見合う
物があるかどうかをまず軽く紹介してもらいます。

その条件に見合わない店舗は辞めておいて

なるべく理想に近いものを紹介してくれる店舗を探していきます。

一番理想に近いものを持っている店舗を絞り、店員とよく話し合った上で、

希望を実現させていくのがよいと思います。

そうでもしないと、長時間に渡り複数の物件を見せられるだけになってしまい、

悪い場合は店員に強く推されて理想とはかけ離れた物件で

妥協してしまうケースも出てきます。

そうならないように、まず自分の理想をしっかりと持って、

それに合う形での不動産屋探しをしたほうがよいと思います。

permalink»


フランチャイズなど多店舗型といわれる大手不動産業者は各地に支店を持ち、

全国区にTVCMを流し、その知名度も大きいので、不動産選びの経験のない人、

初心者にとっては安心感があり、取り入りやすいとも思われます。

1階の店構えで、入店もしやすく、明るく大きな店内は、

落ち着いて物件も探せると思います。

店員もマニュアルがあるとはいえ、親切に対応してくれると・・・。

地域密着が地元の店ならば、大手は全国展開のスーパーみたいなもの。

支店が広範囲にわたっているので品数も豊富!

なんてイメージもありますが、

それがマニュアルどおりの対応になるので、

融通のきかない場合もあります。

思いがけない質問に返答に困り、そのために時間がかかることもあります。

また、大手だと社員にノルマを課し
ている場合が多いので、

かなりしつこく物件を勧めて来るという事もある。

ただ、知名度の高い分、評判が落ちると困るので、

度が過ぎることはないとは思いますが、それでも印象が悪くなるかもしれませんね。

不動産会社というのは社員をマニュアル化したくても、

どうしても最後は「ヒト」がキモになる商売です。

大手でも小さい会社でも、そのヒトで判断することをオススメします。

permalink»


不動産探しも、現在はインターネットで気軽に見れて、

直接店舗に行かなくても、情報が豊富に探せるようになりました。

でも、いくら情報が豊富で、いい物件が見つかったと
しても、

その不動産屋は果たして信用するに足りるお店かどうか?

考え出せばきりがないのですが、

できるなら親切で丁寧を心がけるお店に巡りあいたいものです。

万が一、いい物件が見つかっても、実は悪徳業者だったということもあります。

ネット情報の場合、その店舗はホームページをまめに更新しているかどうか。

同じ物件が何日も掲載されていたり、更新がかなり前からストップしている

ネットサイトだ
と、物件が売れていない、人気のないお店のような印象です。

情報誌でも、同じ物件を載せている不動産屋は要注意!!!

また、おとり広告も要注意!!!(偽情報<安すぎるとき>)

サイト上に不動産屋の宅建認可番号というものがあります。

そこを必ず目を通してください。

ひとつの基準になりますが、

『大阪府知事
第(1)000000号』と書かれていて、()の中の数字に注目ください。

中の数字は認可してからの年数を表すものです。

数字は三年ごとに更新されているので、

これだと1~3年、(5)と書かれているのであれば、

15年ということになります。

年数が多ければ多いほど、その店舗は長期にわたって

経営しているということになります。

どれだけ長く経営しているかの指標もひとつの基準です。

permalink»


今日は月初め特有の退去についてお話します!

月の上旬にお部屋探しをして、

見学して、とてもぴったりの新居があり、申込み!

こんな時、いまの賃貸物件の退去通知を出さなくてはいけません。

しかし、

関西の場合、おおむね退去は1ヶ月前予告の翌月は月割り計算・・・。

例えば、2月2日に新居に申込み、

現賃貸には2月3日に退去通知を出すとどうなるでしょう?

そう

現在住まいのマンションは3月31日分まで家賃を支払わなくてはいけません(涙)

こんな時は2つの方法しかありません。

今のマンションのオーナー又は管理会社に日割りをお願いと頼む、

それが無理なら新居の家賃発生をギリギリまで延ばす。

月初でお部屋を決める場合は退去のことを念頭に申し込むことも大切です。

かといって新居の良いお部屋はすぐに申込みが入ってします・・・。

計画を立てて順番に行いましょう!

permalink»


不動産=ノルマ

このイメージはありますね。

私も不動産会社に勤めていた時は少々の歩合でした。

小さな町の不動産屋さんでは、ノルマというのはほとんどありませんが、

大手になると、やはり業者間の競争が激しいので、物件の売り込み、

契約といっ
た営業や賃貸、売買の際の仲介料の数がノルマになってきます。

こうなると通常の企業と同じく営業力が必要とされるので、

社員はノルマのために、身を粉にし
てはたらかないといけません。

その激しさに絶えられずに辞める人も多く、離職率も高いといわれています。

もちろん、町の不動産屋にもそれなりの必要最低限の売り上げといった

線引きはありますが、それは店舗によってまちまちです。

「潰れない程度にぼちぼちやっている」と、小さな昔ながらの不動産屋さんは

タバコ吸いながらニコニコして言います(笑)

ノルマがあるかどうかもですが、

問題はノルマがある営業マンとない営業マンで、どちらが良いか?

私の考えと経験では、もちろんヒトによりますが、

ノルマは無い営業マンの方が親切です。

ただし、ある営業マンの方がガッツがあるかも!!!

なんて聞きます。

どいらにせよ、不動産選びは営業マン選びというほどに、

営業マン選びは妥協せずにいきましょう。

permalink»


「なぜ町の不動産屋は少人数なのか?」

ふとお客さんから質問されました・・・。

店舗が小さいので、従業員が大勢いても困るという理由もあるかもしれませんが、

ほとんどはそういった理由ではなく、不動産業者というものは、資格さえ取れれば、

どこでも経営することが可能でなお仕事です。

飲食店の経営と似たところがあるので、少人数になっています。

また、不動産屋の経営は、地元に密着した形で、お客様のニーズに答えるべく、

大手の知らないような物件を取り扱っているので、

新規に人を増やすこともなく、また繁盛しているといっても、

商品を直接お客様の前に見せることもないので、

人手が足らないということもなく少数で経営できる形態です。

物件を見るのなら、こちらの時間の都合のいいように調整できるし、

スーパーのように、商品を持った客の列ができるということもありません。

そして、

何といっても在庫という経費がかからないのが特徴的で、

かかるのは人件費のみ・・・(その他パソコンや用紙・・・)

特に賃貸というのは言い方を悪くすると人の財産で商売している(笑)

ちょっと悪く言いすぎましたが、

オーナーさんの物件を間に入ることになるので、

間に入って仲人したのを仲介手数料という利益になります。

私は何度も引っ越しを繰り返していますが、

この仕組みの内部を理解すれば、不動産屋さんに仲介手数料を払わなくても住める!

それでSMILEASEを立ち上げました。

最近、忙しすぎてブログの更新ができていませんが、

読者の方、また何でもご質問くださいー☆

ではまた!

10 / 24« 先頭...89101112...20...最後 »

最近のコメント

カテゴリー