仲介手数料無料で大阪の全ての賃貸を|スマイリース

年中無休 10:00〜20:00 (完全予約制)TEL:06-6948-5729MAP
お問い合わせLINEでのお問い合わせ

HOME > スマイリースBLOG top > すべての物件(未掲載物件)でも仲介手数料無料で契約可能!

permalink»


スマイリースの説明の前に・・・


例えば


あるメーカーの液晶テレビを買いたいときって皆さんはどうしますか?


ほとんどの方は、家電量販店か安さ重視だったらネット通販(価格
.com)とか?


でも、もしメーカーから直接買うことができたらどうでしょう?


メーカー側としては「売りたい」、お客さんは「買いたい」


メーカー側がサービスの提供もして安くて安心できるお買い物。理想ですよね!?


これを不動産業界で実現しているのがスマイリースです。

 

不動産で言うと家電量販店は仲介不動産屋さんで、メーカーは大家さん。

でも大家さんが直接サービスをするのは難しいので、

この家電量販店も不動産屋さんもお客様へのサービスとして、なくてはならない流通サービスの存在です。

だからこそサービスの質を落とさずに安く買うために、

そこを介しても「安さ」と「安心」が手に入る方法をご提供しているのが

スマイリースです。

 

スマイリースは不動産(営業)会社ではありません。

1.初期費用最安をお約束(安さ)

2.その地域の信頼できる不動産屋さん大家さんを紹介します(安心)

3.スマイリースがお客様の立場でお部屋探し~退去までお手伝いします。

 

ご依頼された物件のすべてが仲介手数料無料!!
借りたい方と貸したい方の為の完全無料
賃貸物件マッチングサイトです。

主にお部屋を探しているユーザー様から気になる物件の情報をお問合せ頂き、
オーナー様や貸主会社と直接取引をする事で、借り手側は、
仲介手数料を無料で契約することが可能!
貸し手側は、広告料等の経費削減ができ、
無料で空室対策が出来る、双方お得なサイトです。

そして
大阪府下における
オーナー様、貸主会社(管理会社)の情報量

関西最大級!

保有物件多数あり!
どのような物件でも、
すべて
賃貸の総合窓口お客様相談所

ご利用ください

permalink»


エアコンにカビを発生させない、誰でも出来る超簡単な方法。

先日、私の住んでいる賃貸マンションのエアコン洗浄を業者に頼みました。
うちは、夏場しかエアコンは使わないのですが、
昨年、エアコンがかび臭いと奥さんからクレームを受け、
一度エアコン洗浄スプレーをしてみたのですが、変わらなかった為、
今年は業者さんに洗浄をお願いする事になりました。
(もちろん単身の1Rや設備でエアコンがある方は貸主会社に頼んでくださいね!)

頼んだ業者は、私が以前職場で仲良くしていたリフォーム会社のリビング優さん。
そこと相談してエアコンクリーニング業者と直接やりとりさせてもらいました。

エアコンクリーニングは時期ということで、お願いしてから、2週間程待ちました。
業者さんは、エアコンの下にシートを引き、エアコンカバーを外し、
フィルターと、プラスチックのカバーをベランダでゴシゴシ洗い。
カバーが外れたエアコンを、水が飛び散らないようにビニールでキレイに養生して、まず準備。

そして、洗剤吹きつけゴシゴシゴシゴシ・・・・。
その後、機械を使い、水を高圧で吹きつけジャバジャバ洗浄。
そこからちょいちょい後片付け。

最後にエアコンを暖房30℃に設定して運転。

終了。

その際、エアコンのカビについて教えてくれました。
エアコンにカビが生えるのは、エアコンの構造によるものらしいのですが、
冷房や除湿で運転する際、エアコンの空気を取り込む金属部分が、
かなり冷たくなります。その為、そこに水滴が発生します。

その水滴は、エアコン内部に貯まり、ある一定の量を超えると外にでます。
冷房を使っている期間は、常にちょっとエアコン内部に水が貯まっているそうです。
その為

・数日間エアコンを使わない

・部屋の温度が高め

というタイミングで、カビが発生するそうです。
具体的には、夏の長期の外出や、冷房を使い終える9月位に、カビが発生してしまうそうです。

では、そのカビを発生させないためにはどうすればいいか?

エアコンを暖房に設定し、最も高い温度で、

数分運転すればいいそうです。

要は、使わないなら時にエアコン内部の水を蒸発させればOKということ。

使用後や長期使わない時、シーズン終了後にお試しあれ!
※あくまでも一般的なエアコンの場合

なるほど。
ちなみに、市販のエアコン洗浄スプレーですが、
界面活性剤を吹き付けているだけ、汚れは全て落ちないし
その薬品がエアコン内に残り臭いの原因になるので使わない方がいい。
エアコンの上に、換気扇フィルターのような紙フィルターを一枚かぶせるのも×。
中に水が貯まりやすく、臭いの原因になりますとのこと。

費用は2台で15000円位でした。(1台おそうじ付エアコンなので割高)

【おまけ】エアコン洗浄業者さんのつぶやき
「エアコン洗浄の仕事は5月~7月までの3ヶ月間だけですね。8月に入ると、ほとんど仕事ありません。」

「最近は、何よりも洗浄中の駐車場を確保するのが大事。車が止められず、作業を中止したこともあります。」

permalink»


質問

賃貸の冷房が終わってる・・・

賃貸のエアコンについて質問させていただきます。
98年製のダイキンのかなり古いエアコンです。
リモコンも有線です。
最近暑い日が続き、部屋に帰ると室温が35℃くらいになってます。
冷房をつけるのですが、30℃に下がるまで2時間くらいかかります。
22℃に設定して風量マックスでも、4時間経っても29℃台です。

しかし湿度はかなり下がります。
湿度計は30%台を指しています。
夏なのに、加湿器をつけています。加湿器をつけても湿度は40%くらいです。
朝起きると、喉がイガイガします。

昨年の秋からこの賃貸に住んでおり、夏を越すのは初めてなので、こんなに効きの悪いエアコンとは思いませんでした。

それともう一点。
内部のファンを見てみると、白い結晶みたいなのがたくさん付着しています。
これってカビですか?
こんなカビだらけのエアコンなんて、体に悪そうでやってられません。
今まで気づかなかったですが、こんな汚れたエアコンを使っていたのですね・・・
ショックです。

これは、賃貸会社に苦情を言って、エアコンを修理して掃除してもらうべきでしょうか?
毎日仕事で帰宅するのが遅く、帰ってシャワー浴びて寝るだけ、みたいな生活をしておりますので、
エアコンの効きが遅いのは、非常に痛いです。

アドバイスお願いします。

回答

至急貸主負担で解決できますよ!
貸主会社に苦情じゃなくても普通に解決する方法があるので以下の項目を確認してください。

①入居時にエアコンが設備であること
②賃貸借契約の特約や条文にエアコンの性能保証がないと記載されていないか
③入居時に、前入居者の退去時現状渡しということを聞いていたか

①の設備であれば、エアコン付のマンションとして物件を提供している訳ですから
管理者である貸主負担にて通常使用できる状態に戻す義務があります。

②性能保証がない=前の入居者が残していった(残置物=エアコン)
この場合であれば契約前段階で承諾して入居していることになりますので、
自身で取り換えるか修理するしかありません。

③を聞いていない、もしくは書面にて交わしたものがない場合、賃貸借契約書に従いますが、
ほとんどのケースで故障はしていないけれど、通常使用ができていなければ、
貸主負担で修理もしくは交換するのが一般的です。

また内部のファンの白い結晶。。。それはエアコン特有の
ペニシリウム・クラドスポリウム・アスペルギルスというカビの可能性がかなり高いです。
※喘息発作やアレルギー性鼻炎を起こす原因です。

私なら大家さんや管理会社へこう言います。
「98年製のエアコンを設備として使用していますが、冷房が機能しておりません、
またアレルギー性の鼻炎に悩まされており、エアコン内部にカビが発生しています。
賃貸借契約に性能保証無しという文言がないので、通常使用により生活に支障が出ておりますので、
修理、交換を至急お願いします。」

言い方は同じでなくても良いですが、ニュアンスを同じように言いますと、
素人ではないと思い、急ぎでクリーニング業者かエアコン取付業者が駆けつけてくれるかと思います。

知っていたら得!
私は賃貸不動産の仲介、物件管理(建物の管理会社)もしたことがあります。
貸主側の不動産会社というのは、入居者が我慢してくれるように言うものです。
でも、この入居者はいつか出ていく(退去)かもしれないと判断した時、
家主さんと相談して、至急問題を解決する方向に動きます。
勝手なもんですよね。。。笑
だからこそ、管理会社には要点を明確に伝えて問題視してもらうことが重要です!
嫌われるのが怖い。なんて思わなくて大丈夫です。

家賃は下がる!?

2012年7月29日

permalink»


バブル崩壊以降、かなり家賃相場が下がりましたが、

大阪に限るとここ4,5年でだいぶ落ち着きました。

バブル崩壊直後は家賃は下がってあたりまえと言う風潮があり、

マスコミでもかなり取り上げられましたが、最近ではリーマンショック後の

売買では下がった傾向があります。

しか~し!
賃貸でも、もう下がらないかと言うとそうでもありません。
気に入った部屋が見つかったら、だめもとでもスマイリースに聞いてください!

専任窓口業者やオーナーに直接交渉し、
私たちは、オーナーからの広告料を頂かないので、
交渉がとても効果的!

最悪家賃がダメでも結構色んな交渉術見せますよ!
あんまりしつこい人だと家主さんが嫌がっちゃいますが!(笑)

permalink»


ほんの一握りだと思いますが、いまだに悪徳不動産屋があります。

というより、悪徳営業マンと言った方が正しいです。

特に営業マンが歩合制で、決めてナンボと言うような場合に多いです。

私の知っている事実をいくつか紹介しましょう。


1:他の部屋が空いているのに空いていないと言う。

不動産屋には営業マンによって決めたい物件というのがあります。

それは貸主からの手数料報酬が多い物件。

ですが、物件を決めるのは借主である入居者なのです!

借主が決めたい物件が、営業マンにとって都合が悪いと、

その物件もう申込が入りました。。。

そして営業マンが「今ならこの物件○円ダウンでまだ空いていますよ?」

「あの物件○○ですから、こっちの方がいいと思いますよ?」

これって、意外とよくある話なんです。。。
(当然、ホントに申込が入っているケースもあります)
でも
⇒本当?って思ったら、聞いてください!
疑いのある物件元の募集窓口会社又はオーナーへ直接確認を取ることも可能です!

「特定物件の空室確認をする」


2:部屋を案内した後「今決めないとこれ以上の部屋は2度と出ない」
などと言って半ば脅迫する。
⇒即決するほど、本気で気に入っていないのであれば、
 「その時は縁がなかったということですね。。。」と軽く言ってあげてください。

そして、私が紹介する不動産会社でお部屋を確保した方が断然マシでしょう。

きっとそれ以上ひつこく言ってこなくなります。

3:部屋を案内して結局どこも決めないで帰ろうとすると、
案内した時の交通費(ガソリン代や電車代)を請求する。
⇒請求されても払わなくて良いですし、二度とそこの業者を使わないでください!


4:ありもしない広告を掲載して客を集めて、
最終的には高い部屋を決めさせる。
おとり物件!
⇒ポータルサイトにもある、既決物件掲載率を参考に探しなおすか
一度ご相談ください!

まだまだたくさんありますが、今日はこのへんにしときます。

permalink»


不動産会社を大きく二つのタイプに分けると、

A:自社で管理している物件をお客さんに紹介する地元密着型と、

B:自社で管理している物件はない(少ない)が他社の物件を数多く紹介する都市型

の2種類に分けられます。

(ちなみにスマイリースは両タイプの不動産会社と提携しているのでどちらでも紹介可能です!)

どちらがいいとも言えませんが、

もし住みたい街が決まっているなら

その街の地元の不動産会社Aに聞き、

住みたい街が決まっていなければBの都市型の不動産会社の

ポータルサイトや地元密着サイトを見ると良いでしょう。

例えば大阪の千里中央に店舗がある会社に、「難波で探しています」と言っても

物件情報をメールや資料で貰えないか、数日経ってから連絡があります。(笑)

その代わり吹田市や豊中市で探していればBのタイプの不動産会社より探しやすいでしょう。

物件を絞り込むまでに業者がどちらのタイプか見極めるのも重要です!

見極める方法は?(ステップⅠ~Ⅳを参考に)

関西圏の全業者がどのタイプかの情報がすべて分かります!

そして最後は最適な条件で契約する!

permalink»


例えば、私が以前住んでいた大阪の江坂駅で1K、1DKの相場は7万円前後です。

7万円でドラマに出てくるような部屋は一生探してもありません。

どこの街にも相場というものがありますが、相場とはつまり平均です。

相場以下のものもありますし、相場以上のものもあります。

つまり相場以下であれば、平均より条件の悪い部屋だという考え方が多いということです。

相場以上であればその逆です。

「いい部屋を見つけるには」の中でも言いましたが、

安くて条件のいい部屋という都合の良い部屋はほとんどないです。(ごくまれに例外もありますけど)

家主は慈善事業で家主業をやってるのではなくそれが仕事なのです。

家主にとっては家賃イコール給料なのです。

自分が家主の立場になったときのことを考えてください。

初対面の赤の他人に相場より割安で部屋を貸せますでしょうか?

まずは自分が住みたい場所の相場を下記できっちり知りましょう!

相場表

permalink»


ご存知のようにやはり1月~3月の引越しシーズンは探している人が多いです。

ではこの時期を避けて探せばいいのでしょうか?

答えはどっちもどっちです。

シーズン中は探してる人は多いが物件も多い。

オフシーズンは物件は少ないが探してる人も少ない。

そこでひとつヒント!

まずシーズン中は不動産屋の営業マンも非常に忙しいのです。

あまり一人のお客さんにかまってられません。

ポータルサイト等のインターネットで自分の希望条件を絞ったら、

一つの不動産屋にこだわらず、あちこち情報をメールや電話で聞いてみましょう。

逆にオフシーズンは不動産屋も暇になります。

時間的に余裕があれば何回とかひとつの不動産屋に聞いて営業の担当者に、

ネット未公開物件や資料をメールやFAXで送ってもらうなどしてゆっくり探してみましょう。

最終的には条件面が大切になりますので、どんな物件でも仲介手数料無料と条件最安を狙ってください!

permalink»


いい部屋を見つけるのにまず一番大切なことは、条件を明確に決めることです。

安くて、広くて、駅に近くて、新しい部屋など都合に合うだけの部屋はほとんどありません。

以前、私が実際お客さんを案内して、「すべてパーフェクトで希望通りです!」と言った人はいまだかつて一人もいません。

残念ながら皆何か妥協して決めています。

安い部屋より高い部屋のほうがいいに決まっています。

高い部屋を見たら心がゆれると思います。

でも、
もしあなたが最初の条件でいくら以上は出せないと決めたら、ここはぐっと我慢してあきらめることです。

もしくは自身の経済状況を一度ゼロから考え直してみるのもありです。

いくら以上は出せないけど駅まで歩いてもいいとか、古くてもいいとか、

妥協できるところはしないと、なかなかいい部屋には巡り合えません。

また、

条件が定まっていない状況で賃貸の不動産屋に行ったら、あまり良い接客をしてくれないんですよね。。。

それでも希望条件が定まっていない人は無料で相談にのりますので、気軽にご連絡ください!


permalink»


質問

賃貸住宅に20年近く住み続けていると、フローリングがところどころ削れてきたり、カーペットの毛足がなくなってきたりします。
賃貸住宅トラブル防止ガイドラインでは、退去時の原状回復の費用負担は、通常の損耗は貸主負担となっていますが、
住んでいる間に家主に補修を依頼出来るものでしょうか。
 

回答

入居中でも補修可能な方法があります!
ただし賃貸借契約書の中に入居中の補修に関して借主負担である旨が書いていないのが前提です。
そして「補修箇所の状況により生活に支障がある」かどうかというのが一番ネックになります。


■現在20年入居している。  
■現在も入居中であり、生活に支障が出ている。
■通常使用による、自然損耗、経年劣化がある。

①の内容であれば賃貸住宅トラブル防止ガイドライン上認められるため、
上記三点を理由にオーナー負担にて補修交渉すれば成立の可能性が十分高くなります。

しかし

■20年間の入居で人が入れ替わっている。
■近々退去予定がある
■借主の使用で生じた、汚損・破損など故意、過失がある。

②に該当する場合
補修箇所の一部がオーナー負担でできない可能性があります。(この場合は下記の最終手段へ)

もし、賃貸借契約書の中に入居中の補修に関しては借主負担である旨が書いていたとしたら、
これからも住み続けて家賃を払っていく旨を伝え、貸主や管理会社に相談してみましょう。
最終手段
上記の内容や賃貸借契約といえども、
結局一番強い最終の判断基準は「オーナーの主観もあるのです
契約書の特約に借主負担の旨が記載されていたので、私がアドバイスし知人が言ってみたのが、
「どうしてもお部屋の損耗、劣化がひどいため、引っ越しを考えているのです」と情にうったえた所、
貸主側の負担で補修をしてくれた事例があります。
これが可能だった場合は補修後すぐに退去しないように!笑

23 / 24« 先頭...10...2021222324

最近のコメント

カテゴリー