スマートフォン版を表示

仲介手数料無料で大阪の全ての賃貸を|スマイリース

水曜定休 10:00〜20:00 (完全予約制)TEL:06-6948-5729MAP
お問い合わせLINEでのお問い合わせ

HOME > 空き巣対策

空き巣対策

空き巣に狙われやすい部屋とは!?

空き巣の手口

最近の侵入手口は鍵穴ピッキング方法だけでなく、カム送り解錠・サムターン回し・ガラス破りなど、手口が多様化しているようです。

空き巣の被害に遭わないようにするにはまず、空き巣の手口を知る事が大切です。そこで、過去の空き巣被害の侵入手口を玄関・窓に分けて説明します。

【玄関からの侵入】
昔の空き巣は鍵を掛け忘れた玄関・窓から侵入していたようですが、ピッキング・サムターン回し・カム送り解錠・錠破りなど、玄関のカギを解錠して侵入する

方法を次々と考えだし、犯行に及んでいるようです。

【窓からの侵入】

窓ガラスを割って侵入する「三角割り」「突き破り」「焼き破り」などの方法がありますが、その中で最近多発している手口の一例として

ライターの火等でクレ セント周りのガラスを焼き破る手口「焼き破り」などが上げられます。

このような方法で空き巣被害にあわれている方が多いようです。

このような、ガラスの焼き破りは昔にもあったようですが、最近はコンパクトな小型ガスバナーを使用することで、

短時間で侵入できるようになった事から以前より増してガラス破りが多発しているようです。

【主な侵入手口】

■ピッキング   
   空き巣の侵入手口/
ピックと呼ばれる金属製の特殊工具を鍵穴に入れ、ドアの錠を短時間で開けるという手口。
ピッキング手口に対応した錠でなければ、1分もかからず開錠されて屋内に侵入されてしまうとのこと・・・

■サムターン回し
   空き巣の侵入手口/
玄関ドアの外側からドリルで穴を開けるなどして、サムターン(内側のドアロック用つまみ)を強引に
回して侵入する手口。壊したドアスコープや取り外したドアノブの穴、ドアと壁の隙間などに
特殊工具を挿し入れてサムターンを回すこともあるとのこと・・・

■カム送り解錠
   空き巣の侵入手口/
特殊工具を用いて錠シリンダーを迂回し、直接錠ケース内部に働きかけてデッドボルトを
作動させ解錠する手口。「バイパス解錠」とも呼ばれています。

■ドアのこじ破り
    空き巣の侵入手口/
ドアと壁の隙間に、釘抜きのようなL字型をした工具・バールを押し込み、てこの原理で
ドア錠を破壊して侵入する手口。強引な方法ですが、手間がかからず短時間で侵入できるとのこと・・・

■ガラス破り
    空き巣の侵入手口/ガラス破り  
クレセント(窓ガラスの錠)の周辺を破損し、そこから手を入れてクレセントを回して侵入する手口。
通常のガラスであれば、わずか10~15秒で破損できます。近所への買い物やペットの散歩など、
わずかな留守の間でも安心できないと言われています・・・

狙われやすい部屋とは?

【1階よりも中階~上階の部屋!?】
上階だからと言って安全とは言えません。上階に行くに連れて上階の入居者しか会うことがなく、

人目につきにくいので作業がしやすい。また高層階ほど,安心 感からか施錠がルーズである。

特にベランダの施錠はルーズで屋上からロープでベランダに降り物色後は玄関から堂々と出て行く。


【塀や垣根が高い1階の部屋】

1階の場合、正規の出入り口を通らなくても安易にベランダ・テラスなどへ行けるので周囲から人目に

つきにくい場所であれば、狙われる確率は高い。

ベランダ・テラスなどから留守の確認もできる部屋はガラス破りによる被害の可能性も考えられるので注意!


付近の道路に自動車の駐車が多い】
侵入する時、逃走する時に、身を隠すのに自動車が利用できる。

また身を隠すことが出来るような物が多くあるところも要注意。


新聞受けに新聞等がたまっている】

新聞が溜まっていれば、しばらくの間留守にしていることが一目でわかる

旅行・帰省・出張などの際は新聞屋さんに配達を止める連絡をする事を忘れずに。

世帯数の多い単身向けマンション】
世帯数が多い建物の場合、入居者以外の人が建物内に入っても分からないケースが多く、

しかもスーツ姿で「こんにちは」なんて言われれば泥棒とは思わないです。最近はスーツ姿の泥棒もいるとか・・・

【周囲の人から目に付きにくい玄関】
人の出入りが少ない時間帯で作業服を着ていれば周囲に怪しまれず

ピッキングなどの作業が可能。共用廊下から影になる玄関も要注意ですね。

空き巣被害状況で多い時間帯は、深夜の2時~4時に集中していることがわかります。

POINT
防犯対策には100%安全な方法はありませんが、自身の安全な生活を願うのであれば、

部屋を再度確認し侵入に時間が掛かるような工夫をすることが大切です。

防犯対策の基本は一人一人が防犯対策に関心を持ち、

地域ぐるみで防犯対策を考えることで防げることも多々あるとよく聞きます・・・

もちろん物件の問題はありますが、

結局のところ

自分の身は自分で守るという気持ちを忘れないことが大切!

楽しい生活を送ってください♪