仲介手数料無料で大阪の全ての賃貸を|スマイリース

年中無休 10:00〜20:00 (完全予約制)TEL:06-6948-5729MAP
お問い合わせLINEでのお問い合わせ

HOME > スマイリースBLOG top > 大阪の分譲賃貸で一般の賃貸に出しているものと、転勤などで一時的に賃貸に出しているのものの区別は?

大阪の分譲賃貸で一般の賃貸に出しているものと、転勤などで一時的に賃貸に出しているのものの区別は?

2018年10月13日


Q質問

分譲賃貸物件で、家主さんが不動産として賃貸に出しているものと、

転勤などで一時的に賃貸に出しているのものの、区別はどのように判断したら良いですか?

分譲賃貸だと紹介されない物件が多いですか?


 

A回答

分譲賃貸物件で、家主さんが不動産として賃貸に出しているものと、転勤などで一時的に賃貸に出しているものは、

はっきりと区別はつきます。逆に言うとその区別がついていなかれば流通の賃貸募集に出ませんので

不動産会社側では、ほぼ確実に分かるものであると理解頂ければと思います。

分譲賃貸の中には種類があります。

①普通賃貸借契約=自動更新

②定期借家契約=定められた期間で契約終了

③定借(転勤留守宅)=定められた期間で契約するが甲乙協議可

※③の場合は定期借家契約ですので原則的には定められた期間で契約は終了(退去)するのですが、

転勤やその他の理由で双方協議し合意したら再契約可能である文言が追記されます。
不動産会社側で一般賃貸を探す場合と分譲賃貸を探す場合とで探すツールは同じですので、

分譲賃貸が検索にヒットした場合は提案していると理解頂ければと思います。
もちろん募集とのタイムラグがあれば埋もれる可能性はあるでしょう。

つまり、「分譲賃貸だから」という名目で出し惜しみしていることは通常は無いと解釈頂き、

ネットの情報と摺合せしていくことで情報を網羅出来る確率が上がりますね。
ただし、一般のポータルサイトでは「分譲賃貸だから」という名目で掲載されている物件と掲載されいないサイトが存在します。
これは成約済みなのに「消し忘れ広告」や「存在しない条件で掲載する等のおとり広告」がありますので、

 

その点は注意して当社にご確認頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

最近のコメント

カテゴリー