賃貸の窓口 スマイリース

仲介手数料無料で大阪の全ての賃貸を|スマイリース

10:30〜20:30 定休日:水曜(事前予約で可)TEL:06-6948-5729MAP
お問い合わせLINEでのお問い合わせ

HOMEHOME > スマイリースBLOG top > おとり広告を見破る方法!

permalink»


基本的に「おとり広告」(おとり物件)の場合は、

もちろん問い合わせても「空いてます。見に来てください」となります。
(そのための物件広告なので)
見破るにはいくつかございますが、
理由を付けて「見に行かないで契約したい」
と言って頂ければほとんどの業者がボロを出してきます。
営業マン次第ではそれでも空いていると言ってくる場合がございますが。。。)
◆このような理由を言う業者は気を付けてください。
下記に「来店してから」、もしくは「問い合わせをしてから」の業者の言い訳の代表例を記載させて頂きます。

「〇〇日前に無くなってしまいました」「今、確認したら無くなっていました」
(はじめから空いていないケースがほとんどです)

「定期借家契約の種類です。3ヶ月や1年(〇〇ヶ月)しか住めません」
(はじめから空いていないケースがほとんどです)

「駐車場セット契約となっています」
駐車場の値段を見ると相場よりも1万円ほど高い設定となっています。
(家賃のを賃料を駐車場にスライドしたケースです)

「事故物件です」(自殺物件など)
(はじめから空いていないケースがほとんどです)

「隣りの人がおかしい」
(ゴミ屋敷や精神病で発狂、ヤクザなど)

もちろんネット掲載は手入力なので
間違いや間取りも複数ある物件などに関しては、
狭い部屋の賃料が広い部屋で掲載してしまうケースもございます。

ご参考にしてください。

permalink»


新年あけましておめでとうございます!

年末年始は二日酔いの方が多いのでは??

私がそうです。。。(汗)

2013年は非常にたくさんのお客様からお問合せ頂きまして感謝しております。

その中でもたくさんのご意見を聞かせて頂き、弊社でも色々と議論した結果、

スマイリース直営店を2014年度から開始することになりました。

何となく分かるけれど何が変わるの?と聞こえてきそうですが、、

簡単に言いますと、

スマイリース=大阪府の提携店舗が管轄エリアごとに対応

だったのが、

その店舗のひとつにスマイリース直営店が半分以上のエリアを担当するということです。

つまり、

今まではスマイリースへ問合せしたら管轄の担当者が対応

だったのが、

本年度よりスマイリースへ問合せしたら、物件のご紹介~契約等まで全て対応するため

窓口が一つで全て対応していく方向になります。(一部エリアを除く)

なぜこの形式にしたかと言いますと、

最初にご相談を受けた入口の相談者である

お客様(借主様)の悩み相談を受けている担当者が一番内容を理解しているため

引き継ぐ手間なく、しかもお客様は重複して内容を伝えなくて済むように、

というわけです。

ですが、そうなると一般的な不動産屋さんと同じなのでは?

弊社では「情報量」「安心感」「最安値」の3大メリットを中心に

お客様へサービスを展開して差別化をはかります。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.chintai-kushitsu.com/

本年もよろしくお願いします!

permalink»


お客様からよくご質問を頂きます。。
「お部屋探しで今って良い時期ですか?」
「今探した方が良いですか?」
「もう少し待った方が良いのですかね?」

お部屋探しをするのにちょうど一番良い時期はいつなんでしょう?
不動産屋の担当者に聞くと恐らくみんな口を揃えて
「今でしょ!」って言うでしょうね!(笑)

不動産業界には繁忙期と閑散期というのがあります。
このあたりが答えになるでしょう。。。
ただし、極論はお部屋探しにいい時期なんてないかもしれません!?
思い立ったが吉日という言葉もありますが、
現在の状況で現在探している条件の物件情報を網羅してから
判断していくのがベストかと思います。

不動産業界の繁忙期閑散期

※一般的な不動産会社の平均

繁忙期 2月~4月
賃貸業で1年のうち、いちばん忙しい時期とされ、
地方からの転勤者、上京してくる人も一番多いです。
新入学生・就職が多く、独身向けのワンルーム・1K・1DKなど。
よって家賃交渉は1年でいちばん難しい可能性もある。

(少し繁忙期10月~1月)
繁忙時期を避けて前倒しで部屋探しをする方も多い。

閑散期 6月~9月
梅雨入り近くなってから少しずつお客さんが減ります。
でも法人契約など今では一年中転勤する会社があるので、
この時期は一概に暇とは言えないんです。
10月には「結婚シーズン」というのがあるので、新婚さんファミリーなど
動くときも多いです。

【結論】
お部屋探しにいちばんいい時期を狙ってのお引越しをする人より、
お引越しをしなければいけない時期がどんな時期で現在の空室状況が
どのような状況なのか知りたい人のほうが多いでしょう。
今は狙い目の時期じゃありませんよって言われて、
じゃあ待ちますなんて言っていると、
いつまでたっても引越しできませんからね。
でも焦るのは禁物!!!
お部屋探しはタイミングとご縁です。
不動産業界がいい時期でも、たままた空室が出るときもあるし、
そうでない時もあります。
いいお部屋が出てくるとは限りませんし。
つまり、、

現在探している条件での物件情報をすべて集めて
現在空いている空室状況を確認してどうするか判断する。
そこで待つ価値があるかどうかです。

良い時期なのかどうかはお客様の探している条件によるというのが結論です。

気軽にご相談ください!

permalink»


質問

引っ越しの日程なのですが、
最短でするために、荷物の搬入を行いたいと考えております。
申込をした場合、物件にもよると思うのですが、
最短でどれくらいで入居できますでしょうか。

回答

個人名義での契約の場合
即入居可能であることと、書類が全て揃うのが前提であれば
最短で3日~1週間あれば入居可能でございます!

審査はスムーズにいけば2~3日で終わりますが、

確認事項で4~5日かかる場合があります。

その間「仮押さえ」をご希望の場合の身分証明書(免許証裏表のコピー等)と

申込書の借主様、保証人様情報が必要になります。

もちろん審査が通らなければ自動的にキャンセルになりますが、
審査終了後、重要事項説明などの契約手続き後はキャンセル料が
かかる場合もあるので、決めるかどうかはきっちり契約前に確認しましょう!

permalink»


賃貸を探している方がスマイリースによくある質問を
下記まとめましたので、ご参考ください。

質問内容

信頼できる賃貸サイトが知りたいのですが?
場所は大阪市内で探しています。。

2か月前から賃貸の物件を探しているのですが、
検索サイトは、結局「これ良いな」と思ったのが空いていなくて、参考にならず困っています。
問い合わせをした物件のほぼ全てが、「まだ空室ですから急いで来てください」というような
メールや電話の返事をもらったのでお店に行ったものの、
「今さっき違う方に決まってしまったので。。。」
「これは〇〇条件付きの賃貸契約でして。。。」
「今から頑張って他のお部屋を探します」といった感じの対応でした。

交通費もかけたけど、もう見る気が失せて何もせず帰ってきました。
正直うんざり。

完全に信頼できるサイトってないものでしょうか??

回答

まず始めに、

賃貸サイトは仲介物件でも、貸す側には別の不動産会社が

ついている物件が多く、仲介する側の不動産会社は見たこともない古い物件を

ネットにそのまま更新せずに掲載している場合が殆どです。

完全に信頼できるサイトはあるのか?

ほぼ空室しか載っていないサイトは存在します!がしかし、、

一般ユーザは見る事ができないのが現在の賃貸業界です。

不動産屋さんが業務で使っているサイトのことです。

勿論有料で、不動産屋さんしか見れません。自社物件を自社で申込を取るのは

この業界では意外と難しいので、業務用のサイトに物件を
掲載して

他社にも仲介してもらうようにし空室対策するのです。

その業務用のサイトから良さそうな物件を選定して、

管理会社から承諾を得た物件だけをネットに掲載していきます。(一部無断もあり。。)

一般ユーザ向けサイトが全部が空室というのであれば、

業者用の有料サイトは存在しなくなります。

ではどうすれば良いのか?

一番良いのは、色んな不動産屋さんに、メールで家賃、場所、
引っ越し時期など

細かく希望条件を書いて送り、物件資料をメールで貰う事です。

メールは営業マンの真面目さが出ますし、一番新しい情報を送ってくれます。

ただ、物件は永久に空いている事はないので来店時には無くなってることも

可能性としてはゼロではない事を想定して下さい。

今はどこの不動産屋さんにいっても見ている元の情報が同じなので、

出てくる物件は同じです。一生懸命メールや資料を送ってくれる営業マンきっといます。

まずはその資料で良さそうな物件があれば相手を信用して

お店に行き物件紹介を任せてみては如何でしょうか。

スマイリースは?

地域密着不動産会社との提携で
空室情報の正確さ」&「仲介手数料最安値」&「信頼出来る入居

この3つをモットーに、日々お客様からのご指摘を課題に
頑張っています♪

permalink»


先日はあるご事情でお部屋探しの相談をお受けしておりましたお客様から、

わざわざお土産を頂きまして感謝、感謝です。。

もともと、市内でお住まいの方が郊外に出て広い部屋を希望ということで、

弊社提携先のアパマンショップさんにはご丁寧にありがとうございます。

今回もそうでしたが、

最近インターネットでお部屋を探して絞り込んだ方が半数以上になっております。

もちろん提携先に確認したら空いていないお部屋もありましたが、

これは自分主導のお部屋探しが出来ているということが非常に良い点かと思います。

一方、私もそうですが、ネットで探して「情報」を手に入れることは出来るが、

「正しい情報」として信頼できるのか?

これが、今後の賃貸業界で問われることになるだろう、というより今現在なっています。

そこで、私は現在スタッフと共に、

お客さん主導の部屋探しを、「信頼できる情報の中で」部屋探しをするために、

「空室情報を自宅で確認出来る」をコンセプトに、

新しいサイトを制作中です。

営業マンに希望条件や個人情報の全てを裸にされなくても、

自分が仕事が終わってゆっくり検討し、必要な時は専門知識を聞いて、

現地確認する。

これが私個人の今までの部屋探しスタイルでした。

もっともっと「お客様のために」何ができるだろう~ (こんなCMあったな・・・。)

頑張ります♪

permalink»


質問

賃貸の誇大広告=おとり広告
ありもしない条件でネット掲載してお客さんを呼ぶ手法

賃貸でおとり広告に引っかかった人はどのようにして、営業されるのですか?
対処方法などあれば教えてください。

回答

スマイリースのお客様の中でも、過去に物件探しをしている際、明らかにおとり広告だろう
と言う物件での問合せがここ最近は多いです。

でもお部屋を探している方からすると、本当にどれが正しいのか?
それが分からないのが当然です。

今までで一番ひどい扱いをされて相談にのりましたのが、
確実に今現在居住しているのに、空き物件として情報が出されている物があり、
お客さんが不動産屋さんに問い詰めたところ連絡が途絶えました。
という相談がありました。

対処法として、「おとり広告」の多くが
まず「現地集合をさせてもらえません」から、
物件の住所を聞いて現地集合にしてもらってみてください。

おとり広告の営業方法としては、まず「来店」してもらい、
つい先日!契約されてしまった。。。先に申込みが入ったなどと言って、
他の物件を勧めるケースが多いので、とにかく来店をしつこく迫るようなら、
その不動産屋さん自体を避けた方が良い傾向が非常に強いです。

立ち合いはあっても、
基本的に来店しなくては見れないというのはありません。

申込み意思がなくても気軽にお部屋を見てください!

permalink»


質問

賃貸仲介の不動産会社に「他にも紹介してもらっている仲介会社があります」と

言ったほうが良いのでしょうか?

聞かれたときに答えたほうが良いのでしょうか?

(既に他にも紹介してもらっている会社はあります)

回答

仲介の不動産会社は通常、条件の中でもおおよそ2~4件の物件を紹介してくれる

ケースが多いですが、必ずとは言えませんが、最初に一番悪そうな物件を見せて

最後にまだ良いな~という物件を見せてきます。

そこで、最後の物件で「良いでしょう」と即決させようとする場合があります。

その最初に見せる「一番悪そうな物件」は、業者によって様々ですが、

たいてい似ているケースが多いです。

ですので、正直に他社でも見ていると話していないと、

他社でも同じようなことが起きて、時間の無駄になってしまいます。

それに、その「一番悪そうな物件」を見ないのであれば、同じ2~4件の紹介でも、

新しく見られる物件が増えるので、良い物件に巡り合える可能性も高いです。

ただ、一番良いのは信頼できる営業マンだと思えば、そこで何件も見せてもらうか、

店内でじっくり室内写真をパソコン等で見せてもらうのが良いです。

もし、質問者さんの言う「仲介会社」が、物件の「管理会社」だった場合は、

他に紹介してもらってるかどうかはあまり関係ない場合が多いです。
(自社が専任窓口ですので)

正直に言ったほうが得ですね!

なにより競合していたら、お互いにサービス合戦になりますから。

permalink»


地域にもよりますが、

例えば大阪府であれば、基本的にどこの不動産会社に行っても、

どのような物件でもほぼ取扱いは可能です。

ただ、取扱いが可能でも、その不動産会社が、

「取扱いたい物件」と、「取扱いたくない物件」が、それぞれにあります。

一体どういうことでしょうか?

それは、

物件にはオーナーさんから不動産会社に対して支払う手数料というのがあります。

単純にその不動産会社の営業マンが歩合制がどうか次第というのも大きく影響しますが、

その手数料の多い物件に誘導するのか、少ない物件でもお客さんが気に入ると予想して

案内するかの違いです。

それと、ある物件が取扱い可能でも、そこの管理会社の契約形態がやりにくいと感じたり

つまり、自社の都合の良い物件かどうかによって判断されるケースが少なくないため、

不動産会社によって見せられる物件が違うということです。

その他の理由で考えられるのは、

お客さんと営業マンのヒアリング時にどれだけ希望を聞いているかで

マッチング物件が変わるという点です。

できるだけ、包み隠されずに賃貸物件を見るためには、できるだけ詳しく希望条件を話し、

できるだけ多く(他社に行ったり)見たいというフリをするのも一つの方法です。

permalink»


読者からのご質問

質問

例えばなんですが
母子家庭になった場合、保証人のいらない賃貸物件て
ありますか
父は定年しています
ちなみに妹とは仲が悪く保証人にはなってくれません
私は今は専業主婦です
今は旦那と暮らしていますが、ゆくゆく、、、
やはりこうゆう場合は無理なんですねぇ

回答

ご質問ありがとうございます。

もちろん母子家庭で保証人のいらない賃貸物件は存在します。
お父様が定年していて年金受給者でも連帯保証人扱いにはなります。
(収入が無くても身内である方が審査が通りやすいです)

ただ、賃貸をお探しの「場所」や「希望家賃」によって慣習が違いますので、
物件が限られるか、まったく無い地域もあります。
具体的な部屋探しに関する情報によって様々です。

現在ではそういった方の国からの援助によって家主側が審査を通す判断もあります。

問題は、
お部屋を探すうえでどこまでのグレードを求めているかによって、
その条件でのお部屋は「ある」「なし」と判断できます。

通常のお部屋探しよりも選べる範囲が少し減ると思っていただいたら良いかと思います!

11 / 26«...910111213...20...»

最近のコメント

カテゴリー